高級車を経費にする

車を経費にする具体的な方法

売上も順調に推移してきたし、今期は利益が出そうと思ったとき、真っ先に浮かぶのが「車ほしいな~」という感情ですよね。儲かっている経営者は高級車に乗ってますし、あれって経費になってるんだろうと容易に想像できますよね。でも、車にもいろんな種類があって、経費にしやすいもの、しにくいものと様々です。ここでは具体的にどんな方法がお得かを説明します。

高級車でも中古車が狙い目

高級車の購入を検討している場合は、経費で処理できる可能性を考慮することがポイントです。一般的には趣味の車で休日のみに乗るなら難しいですが、普段から乗って仕事に使うなら経費になり得ます。

個人事業主だと、仕事やプライベートの間がやや曖昧になるので、その点は本当に認められるのか心配になるものです。ただ、明らかに仕事用なら堂々と申告して構いませんし、趣味にも使っているなら按分を行えば問題なしです。

ガソリン代も同様に計上したり、按分を済ませた後に申告を確定するなら大丈夫です。一般的に、新車の高級車はとても高額で、仕事に必要なのかと問われる可能性があります。

とはいっても、業務に使っているならそれ以外の申告のしようがなく、用途が証明できれば税務署もあまり追及はできないです。

経費にしやすい車のタイプ

考えるまでもありませんが、車を使わない事業で高級車を経費にするのは困難ですし、不適切と判断されれば経費では計上できないでしょう。同様の理由でリムジンやスポーツカーも、実用性や必要性が問われて追及される恐れが強まります。

高級車以外でも、高額な自家用機やクルーザーなどは税務調査の追及の的で、事業に見合わなければ経費の対象外の判断です。まずは事業に使用していることが重要で、必要な車だと認められれば、それはもれなく経費にあてはまるか否かの審査対象となります。

これまでの事例では、セダンタイプだと認められやすく、超高級車は経費になりにくいことが分かっています。事業の収入に対して購入する金額が高過ぎる場合も、不必要と見做されて経費にならない確率が高いです。逆に実用性を兼ね備える車なら、多少高額でも収入次第で経費でOKになるチャンスがあります。
---------------------------------
フェラーリだって経費にできる!高級車の代表「フェラーリ」
経費にできれば何でも経費にできそうです。経費算入のポイントがわかる
記事です。詳しくはこちらをどうぞ!

憧れのフェラーリを経費にできるか 高額納税者は高級車に乗っているイメージですが、これは単にお金があるからではなく、節税目的も兼ね備えて...

中古車が狙い目

購入車が中古なら判定が有利になりますし、購入費が抑えられるメリットもあるので、抵抗感がないなら中古車が狙い目です。必要に応じて現金化できる資産扱いが可能なので、新車に加え中古も検討して、経費になりやすい好みの車を見付けることが肝心です。

ここで重要となるのは、購入した高級車の金額が、どのタイミングでいくらの経費に計上できるかでしょう。高級車に限らず、車の経費を決めるのは減価償却費で、耐用年数を割った数字が1年あたりの経費になります。

500万円で新車の普通自動車なら、耐用年数は6年なので1年に約83万円の経費が計上できます。中古車は、期間が経過するごとに耐用年数も減りますが、上手く行けば新車よりももっと節税が行えます。

2年が経過した中古車は耐用年数が4年ですが、4年が経過している場合は2年なので、購入金額によって新車を上回る経費になるわけです。仮に、新車と同じ金額の車が500万円の中古車で、しかもそれが4年落ちなら、耐用年数の2年で割ると250万円になります。

こういった具合に、金額が変わらない車でも新車と中古車では節税に

差が生じるので、賢い人はあえて中古を選んでいます。個人事業主でも上手く行くとは限りませんが、高級車の購入を希望するなら、これらのコツを踏まえて挑戦することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする