英会話学校費用を経費にする方法

英会話でスキルアップ!

会社の帰りに駅前留学!少し前に流行りました。国際化真っ盛りの時代において英会話の出来不出来は必要なスキルなのかどうか。その判断基準がどこにあるのか理解できれば、経費になるでしょう。

経費の判断基準はスキルアップ!

英会話学校の費用は、事業との関連性が高ければ高確率で経費に該当します。海外との取引が多かったり、外国語を使う必要のある事業に携わっているなら、英会話学校の費用も勿論経費となり得ます。

海外からも問い合わせがある企業で、オペレーターの英会話力を高めたい、そういった目的ならオペレーターの英会話学校費用を経費で負担できるでしょう。年間にいくらの費用が発生するかといった、金額面の検討は重要になってきますが、それでも英会話学校費用が節税になるのは魅力的です。

これはオペレーターだけでなく、海外に派遣する必要があったり、外国人と仕事をするケースの多い従業員にも当てはまります。今現在英会話力が必要ではないとしても、将来的に海外進出を考えているのであれば、十分に英会話学校費用が経費で落とせます。

日本国内で暮らす限りは、日本語だけで不自由なく生活が送れますから、事業目的以外で経費扱いにするのは難しいです。ただ、仕事の都合上で英会話力が求められる人なら、フリーランスでも節税できるのがこの英会話学校費用の良いところです。
----------------------------------
英会話学校同様にスポーツジムやライブチケットも目的次第で経費に
なります。詳しくはこちらをご覧ください。

福利厚生もいろいろ 福利厚生といっても、社員のニーズは様々。すべてを網羅することはできませんが、できる限り経費で落とせるもので対応した...
ライブにでも連れて行くか 社員旅行は参加率も低いし、飲み会もそこそこ。若い社員のハートをつかむにはライブでも連れて行くか…と考えたもの...

コストという見方

海外とのやり取りに通訳を挟むとコストが掛かりますし、機械翻訳で対応をするのには限界がありますから、身につけて事業に役立つことなら経費で賄えます。個人事業主にとっても可能性が広がる方法ですし、経費扱いになる確率がとても高いので、積極的に活用を考えてみることができます。

こういった出費における税務署の判断基準はスキルのアップで、それが事業に役立つものなら、英会話に限らず学校の費用が経費になるわけです。海外向けの英語Webサイトを開設して事業を拡大したり、海外に商品を発送する目的で英語力を要する、というような場面で英会話学校での学習が必要となります。

学校で学ぶとなると当然ながら費用が発生しますが、学習の主な目的は事業にありますから、節税に役立ち税金が減税されるのも頷けます。ゆくゆくは海外のビジネスパートナーと商談をしたり、現地に出向くことも考えられるので、英語の必要性は益々増加するでしょう。

必要性があって発生してしまう費用は、事業関連なら税務署も認めざるを得ないので、特に指摘や厳しい追及の恐れもなく経費で申告できます。単なる海外旅行目的では認められないでしょうが、旅行でも商談が目的のメインであれば、英会話学校費用の分類は経費となります。

将来の夢としての説得力

英語で話したいだけの人も、そのままでは税務調査で却下されてしまいますが、将来的に英語でビジネスをする希望をアピールをできれば、認められる期待値が上昇します。税務署は経費に関する具体的な目的や意味の説明を求めるので、説得力のある説明で納得させることが必要不可欠です。

何となく将来の夢を頭に描いているだけでは、税務署に説得力のある説明はできませんから、具体的に何かを始めて行動力を示すのが1つの手です。既に海外から問い合わせが発生していたり、やり取りが必要なのに英会話力が足りずハードルを感じている場合は、必要性が高いことを証明できる根拠となるでしょう。

具体的な問い合わせ内容や、どのような場面で英会話力を必要としたかなどを記録しておくことで、税務調査が発生しても堂々と対応できます。反対にこのような状況がまだ発生していなくても、英語のWebサイト構築準備を進めていたり、英語で商品情報などの情報発信をしていれば説得力を持っています。

というのも、事業を始めていて拡大を望んでいることを証明できるので、仮に税務署から問い合わせがあってもその通りの事実を伝えれば大丈夫です。これまでの事例を参考にすると、国内のみの事業展開で英会話力の必要性を証明したり、経費と認められて節税するのは困難です。

その為例え限定的であったとしても、海外展開を感じさせる事業の拡大を証明する必要があるわけです。英会話学校に通う目的は勿論、英会話力を身につけることに他なりませんから、目的に合致する事業との関連性が問われます。

税務署はどこを見ているのか

税務署が行う税務調査では、英語を必要とする商談相手と会った証拠や、事業を拡大する具体的な計画書といった書類が求められることがあります。イベントのプレゼンテーションで英語が必要なら、その原稿資料の提出が求められるケースもあるので、処分せずに保管したり何時でも提出できるようにしましょう。

英会話学校に通った費用は、かなりの可能性で経費計上できると考えられますから、根拠となる書類を用意して税務調査に備えることが肝心です。逆にいえば、趣味的なものではないと判断されることが重要なので、英会話学校での学習を事業に欠かせないものだと証明するのがポイントとなります。

当初の英会話学習の目的が趣味で、後から節税の為に目的を切り替えて経費で申告する、それは脱税に該当する恐れがあるので禁物です。事業の取り組みや英会話学校の入学がまだで、これから始めようとしているのであれば、合法的かつ計画性を持って費用の節税が実現できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする